過去の性感染症が不妊症の原因となる事もあるので男女共に注意を

放置や手遅れは危険・一時の性感染症がその後の不妊要因を作る

不妊の要因の一つには、男女ともに性感染症(性病)の罹患歴が影響を及ぼすこともあります。

 

 

恥ずかしさよりも体への影響を考える!いつもと違えばすぐに病院へ

過去の性感染症には男女共に注意を

過去の性感染症には
男女共に注意を

性器周辺の感染症は、一見気付きにくかったり、例え自覚症状が出たとしても気恥ずかしさなどから男女共に、病院受診が遅れることもあるのではないかと思います。

 

しかし、その一時の気の迷いの為に、その後一生に渡って影響を及ぼす“不妊”の要因に発展させてしまう可能性があるという現実は、早いうちから知識として知っておく必要があると思います。

 

女性は何もしていなくても感染症になることがある

女性は、体の構造から見ても性器周辺の感染症が大変起こりやすい生き物だと言えます。

 

これは、例え“性行為がなくても”カンジダ症などの感染症には、誰もがかかる可能性があるということなのです。

 

特に、このカンジダ症は抵抗力が弱っている時やピルを服用中などでも発症しやすいことが知られています。

 

そしてこの他にも、クラミジアや子宮頸がんを引き起こすヒトパピローマウイルス(HPV)などは、例えすでに感染していても自覚症状が無いことが多いという問題点があります。

 

防げる不妊要因は早期に排除!普段の自分の体に敏感になろう

これらの感染症の最も恐ろしいところは、それらの感染症に自分は気づいていない、または軽視して病院受診をしなかったことが骨盤内臓器に感染を残してしまうという点です。

 

いつの間にか卵管癒着など引き起こしてしまい、それが不妊の原因になる可能性があるということです。

 

このため自覚症状を感じた場合はもちろん、たとえ症状はなくてもただの“違和感”が出た場合でも、速やかに病院を受診しその原因を早期に特定することが非常に重要なのです。

 

万が一の事を考え、性病の検査を自宅で出来て、匿名で受けられる検査キット性病検査キットで調べてみることをお勧めします。

 

性病検査 STDチェッカー

 

GME医学検査研究所 性病検査キット

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク