注目されはじめた男性不妊の閉鎖的イメージを脱却させる

不妊検査は男性が受けるのも当たり前!を当たり前の世の中に

少し前までは、結婚したカップルに“なかなか子供ができなかった”り、“妊娠しても流産してしまった”という場合には、そのほとんどが「女性に原因があるから」と考えられてきた傾向が少なからずあったと思います。

 

しかし近年では、初期流産に関してはほとんどが胎児の染色体異常によるものであるために、女性の体質や日頃の生活習慣が関係ないということが明らかになってきました。

 

「不妊」という現実には“男性側に原因がある”ということも、徐々に浸透して“当たり前の認識”になってきているように感じます。

 

 

不妊カップルの約半数は男性側にも原因が!自分の体を積極的に知ろう

男性不妊の閉鎖的イメージの脱却

男性不妊の閉鎖的イメージの脱却

現在の不妊治療を受けるカップルにおける原因の割合は、女性のみが41%、男性のみが24%、男女共に原因がある事例が24%と言われています。

 

その程度に差はあるにせよ、男性にも48%は原因があるということが明らかになっています。

 

以前までは、世間のイメージと同様に男性本人の中にも、「男に原因があるはずがない」と思い込んでいる場合や、「検査に行きにくい、恥ずかしい」、「もしも自分に原因があったら」といった葛藤がありました。

 

その葛藤により、病院を受診する男性がほとんどいなかったことで“原因がある”という現実そのものに蓋がされ、あたかも「男性に原因がある」という“事実自体が存在していない”かのように時間が流れてきたことも、これまでのイメージを作ってきた要因であると、私は思います。

 

未来のために!できるだけ早く自分と向き合う意識を持とう

そんな中、不妊治療も格段に進歩し“子供が出来ないのは夫婦2人の問題”として、男性側も協力する姿勢や、病院受診を思い立てる方が増加してきたことで、社会的にも“男性不妊”にようやく注目が集まってきているような気がします。

 

私は、これは本当に貴重な風潮であると考えています。

 

この流れを今後も維持させていくことで、男性も結婚前までに不妊要因となる因子を理解したり、さらにはそれを避ける意識付けを行っていったり出来ると思います。

 

また仮にもし、すでに男性不妊の因子を持っている場合には、結婚を意識した段階で2人で将来について話し合えるきっかけにしていくべきだと思います。

 

そしてこのことは、将来の不妊治療の方向性を始めから話し合える雰囲気作りにもなるでしょう。

 

延いては将来の不妊治療の費用や期間を少なくさせることにもつながるのではないかと私は考えています。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク