近年注目の卵巣年齢をいち早く知ることが不妊治療の第一歩

20代でも安心できない?早めに検査したい卵巣年齢が示すこととは

前ページでご紹介しました、20代で40代中頃の卵巣年齢と医師より指摘されたが、同時に卵巣年齢は卵子の質には関係ないと言われた女性がダウン症児を出産した事例で気になることは、“卵巣年齢”というものの存在です。

 

医療関係者であった私自身も、恥ずかしながら不妊について詳しく調べるようになるまで、そのようなものがあることすら知りませんでした。

 

 

今の私は残り何個?それぞれに違う卵巣年齢を早期に把握する

卵巣年齢検査が不妊治療の一歩

卵巣年齢検査が
不妊治療の一歩

“卵巣年齢”と言っても、何かしらの検査で、そっくりそのままコレを調べられるというわけではないようです。

 

それはどういうことかというと、血液検査によって卵胞数が反映されると言われる血中の抗ミュラー管ホルモン値を計測することで、「今現在、卵巣の中に何個の卵があるのか」を検査します。

 

この値から現時点の卵巣予備能、つまり“妊娠可能なリミット”が分かることから、卵巣の年齢を予測するというもののようです。

 

この検査において注意が必要であるのが、抗ミュラー管ホルモン(AMH)が示すのは、あくまでも卵胞の残存数のみであり、残存している卵胞の質や順調に育つ卵なのかという所には全く関係しないということです。

 

なので、先ほどご紹介した事例についても、医師は間違ったことは言ってはいなかったということにはなるのですね。

 

20代でも卵巣年齢が40代なら妊娠リスクも40代と同じと考えるべき?!

ここで注意しなければならないのは、初潮を迎えて以降、毎周期1000個に選抜されてから最終的に排卵される1個の卵は、“質が高いから選ばれた”のではなく、あくまで“偶然選ばれた”ということのようです。

 

しかし、よくよく考えてみると卵巣に残っている卵の数が少ないということは、分母となる全体数そのものが少ないということなので、障がいのある子供が生まれる可能性は必然的に高くなるということになるのだと思います。

 

この事実は、20代であっても卵巣や卵の状態は40代の高齢出産の方と条件が同じ状態になっているということになり、それはつまり40代における妊娠と同じリスクを持っていると言えるのではないかと思います。

 

なぜ若くして卵巣年齢の老化がおこるのか?気になる原因とは

では、なぜ実年齢が20代の場合でも「卵巣年齢が40代」というような事態が起こってしまうのでしょうか。

 

現時点で分かっていることは、過去の骨盤内感染や卵巣疾患の手術歴など卵巣に負担をかける経験があると卵巣年齢が上がるということです。

 

また、化学療法や放射線治療を行うと卵子の減少が著しくなるということは、皆さんも聞いたことがあるのではないでしょうか。

 

その他にも、子宮内膜症や喫煙習慣によって卵子の成熟が妨げられることによる絶対数の減少や、遺伝的な要素なども関連性を否定できない因子であると言われています。

 

いずれにしても、20代であっても40代の卵巣年齢であるといった事例は少なくないようなので、できるだけ早く一度卵巣年齢を調べる検査を受けることは大変重要であると言えるでしょう。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク