機能性不妊の原因にも挙げられる卵子の質の低下の本質

年齢や生活習慣で簡単に低下する“卵子の質”とは一体なにか

近年、“不妊”というものがより注目されるようになってきたために、「卵子の質」というものに対する女性の関心も、かなり高まってきている傾向があります。

 

それまでは、特に働き盛りの20~30代の女性にとって、“卵子に寿命がある”、“妊娠には閉経以前にリミットがくる”という現実については、全く知らずに過ごしてきたという方もとても多かったのではないでしょうか。

 

 

胎児の時点ですでに一生分の卵子の元はできている

卵子の生涯での数と重要な質

卵子の生涯での
数と重要な質

卵子の元となる原子卵胞は、胎児の頃にすでに体内に作られています。

 

そしてこの原子卵胞についてとても重要なポイントとなるのが、この胎児時代に体内につくられた原子卵胞はその女性が一生のうちに持てる卵子のすべてであって、これ以降新たなものが作られることはないという点です。

 

このため必然的に、作られてからの時間が短ければ短いほど、新鮮度も高く“卵子の質は良い”ということになってくるのです。

 

原子卵胞は、女性が生まれた時点で卵巣には約200万個存在しており、月経が開始する思春期頃で約170~180万個、その後一回の月経周期で約1000個が減少していくと言われています。

 

このため生殖年齢となる頃には約20~30万個、37歳時点では約2万5千個にまで減少すると推測されていて、その後閉経をもって0となります。

 

この過程の中で、毎排卵期に1000個のうちの選りすぐりの卵子が排卵されているというわけなのです。

 

若ければ良いワケではない?様々な要因で低下してしまう卵子の質

しかしここで注意しておきたいのが、ただ年齢が若ければ確実に質の良い卵があるのかというと、決してそういう事ではありません。

 

卵子の質には、食事や睡眠などの生活習慣や日頃のストレスなども影響しているので、日々の生活内容で容易に質を悪くすることもできるのです。

 

卵巣内にある原子卵胞は、3周期をかけて生殖ホルモンの命令によって発育、成熟しているということが分かっており、その際“いかに質の良い卵子に育ってくれる環境を作れるか”ということが最も重要となります。

 

これはつまり、質のよい卵子に発育させるためにそれを“阻害する要因を排除する”ということに注目する必要があるということなのです。

 

妊娠年齢は関係ない?!やはり重要なのは卵子の質

ここで一つ、気になるデータをご紹介したいと思います。

 

それは、諸外国において一般的となっている「若い女性から卵子の提供を受けた体外受精」について、成功症例を見てみると卵子の提供を受けた女性の年齢が、20代・30代・40代・50代とどの年代であっても、その妊娠率が“全く変わらない”というものです。

 

この結果は、妊娠の成立に重要な因子として“卵子の若さ”は有意義であること、さらに卵子の老化は高度な生殖医療を行っても回復させることは難しいということを証明するデータとなっています。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク