基礎体温測定で体勢を変えるのは・高温期1日目はどこからか

基礎体温表は十人十色・継続した高温期の記録がポイント

 

 基礎体温を測定する際、体温計をくわえる前に仰向けから横向けに体勢を変えてしまうのですが、これくらいの動作でも基礎体温に影響を及ぼしますか?

 

基礎体温表は十人十色

基礎体温表は十人十色

 基本的に、4時間以上の睡眠から目覚めて体を動かすと体温は上がり始めます。

 

しかし、トイレに立ったりするなどの大掛かりな行動を取らない限りは、それほど大きな変動はすぐに起きません。

 

なので、目覚めてすぐに体の向きを変えるくらいの影響は、あまり気にしなくても良いと思います。

 

あまり神経質になりすぎると苦痛になって継続できなくなってしまうので、“とにかく測れる時に抜からず測れたらOK”くらいの気持ちで取り組んでみてはいかがでしょうか。

 


 

 基礎体温から見ると高温期1日目はどこからになるのでしょうか?前周期のグラフで、排卵予定日と思われる日を逆算してみたのですが、その日と翌々日まではまだ低温期と同じくらいの体温で、排卵予定日の4日目から高温期と思える体温になっていました。この場合排卵からの3日間も高温期とカウントしていいのでしょうか?

 

 基本的には、低温期の体温より0.3℃以上高くなったら“高温期に入った”と判断します。

 

本来、ホルモンサイクルが正常で生理周期もきっちり28日、排卵日も最低体温を示し、生理開始から2週間後にはしっかり高温を示すといった基礎体温表パターンの方であれば、“いつが排卵日で、その翌日から高温期”と明確に判断できると思います。

 

しかし、女性のホルモンバランスには女性の数だけ個人差があるため、低温期が14日以上であったり、高温期も10日前後という方も多いことと思います。

 

このため、“いつからを高温期と判断するか”という悩みに遭遇することになるのです。

 

そして、その個人差の中には「排卵した2,3日後に体温が高温になる」といった特徴を持つ場合があります。

 

さらにこの特徴についても、2,3日かけて徐々に体温が上昇していくパターンと、排卵後3日目に急に体温が上昇するパターンというように、本当に千差万別、十人十色の基礎体温表を呈します。

 

御質問者の事例の場合には、体温が上昇した日を高温期1日目とカウントして下さい。

 

そして、次回の生理が始まるまでに継続した高温期を記録しておいてください。

 

高温である期間が11日以下の場合には、黄体機能不全が疑われますので病院を受診することをおすすめします。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク