ドキドキする時に測定した基礎体温は・徹夜をした朝の体温は

ドキドキしていても4時間の睡眠後であれば基礎体温に影響はない

 

 妊娠しているか気になり基礎体温を測ろうとするとドキドキしすぎて正確に測れていない気がします。ドキドキしている時の体温でも参考になる値ですか?

 

基礎体温のポイントは4時間の睡眠

基礎体温のポイントは
4時間の睡眠

 確かに、高温期は生理予定日が近づくにつれ体温測定のたびにドキドキしますよね。

 

そのお気持ちは、とてもよく分かります。

 

まず“ドキドキしすぎて”というのが、どれほどのレベルなのかが分かりませんが、測定の直前までしっかり睡眠していて、アラームで起きてそのまま測定できているのであれば、いくら測定中に緊張していたとしても、まず全く影響はないと言えると思います。

 

しかし、ドキドキし過ぎていると体温測定の時間までに何度か目が覚めてしまうことがありますよね。

 

こうなっては、あまり意味が無くなってしまいます。

 

こんな時には、目が覚めた時点で4時間経過していればもうこの時に計測してしまった方がいいです。

 

もし4時間も経たずに目覚めてしまった場合には、その日のデータはとりあえず諦めてしまいましょう。

 

諦めるというのは、もう測定しないということでも良いですし、納得のできる時間に測定して、それを一応記録しておくのも良いということです。

 

ただし、参考になる値ではありません。

 


 

 徹夜をした際の朝の体温は基礎体温として記録して良いのでしょうか?

 

 「基礎体温が同じ時間に測定できない・睡眠時間と体温の関係は」でご紹介したように、4時間以上眠った後に測定する体温以外は「基礎体温」とは言いませんので記録をしたとしても、データとしての意味がありません。

 

医師に見せる体温表の場合には、正確な診断の妨げにもなるので記録をしない方が良いかと思います。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク