人工受精を3回終えて妊娠できないかもと医師より言われる

不妊治療専門医師より人工授精では妊娠できないかもと言われる

私は人工受精を1か月おきに3回うけました。

 

1回目に人工受精をした当日は、会社を休んで一日中自宅で安静にしていました。

 

2回目に人工受精をしたときは、自宅でできる家事は一通りしていました。

 

3回目に人工授精をしたときは、普通に運転をして午後から仕事をしていました。

 

 

3回の人工受精を終えて妊娠できるか不安に

医師が人工受精では妊娠できないかもと

医師が人工受精では
妊娠できないかもと

3回目の人工受精では私もだんだんと慣れて、同時にだんだんと「人工受精では妊娠できないのかもしれない」と思い始めていました。

 

私が通っていた病院では、人工授精を2か月続けて受けることができませんでした。

 

人工受精→タイミング療法→人工授精→タイミング療法→人工授精といった感じです。

 

3回目の頃には、すでに5か月が経過していることになります。

 

わりと積極的に治療を勧めるし、先へ先へと進行していく先生の考え方に私は共感していました。

 

体が資本ではあるけれど、とにかく妊娠して赤ちゃんを授かりたいんだという気持ちを十分理解してくれている先生だと感じたのです。

 

でも、その先生をもってしても、人工授精は2か月に1度、1年に頑張っても6回しかチャレンジできないのです。

 

それだけ体にも、卵巣や子宮や…たくさん負担がかかるということでしょうか。

 

人工受精では妊娠できないかもと医師より言われる

先生の考え方は、人によっては、展開が早すぎる、どんどん高い薬を勧めてくるから困る、もっとゆっくりいきたいという方も少なくはなかったのですが、いろんな先生や方針があって当然ですよね。

 

その都度病院を変えるのは、毎回その病院の検査工程を一から受けなくてはならず金銭的にも精神的にも疲れてしまいます。

 

ですが通ってみなくてはその後が続くかどうか、先生との相性がいいかどうかなんてわからないのです。

 

こういった継続性の高い病院は、その後も通い続けることができるかというお試し期間みたいなものがあればいいのになあと思います。

 

もしくは検査項目を統一して共有してくれるとか…それはさすがに難しいのかな。

 

保険の効かない高い診療代を払うわけですから、納得のいく診療を受けたいですね。

 

とにかく体のことを第一に考えてくれるのか。

 

とにかく少し位無理してでも妊娠することを第一に考えてくれるのか。

 

断然後者だと意気込んでいた私も、注射漬けの日々には参ったこともありました。

 

でも、とにかく妊娠がしたい。

 

3回目の人工授精の結果がダメだとわかったとき、先生に言われた言葉は「このまま人工受精を続けても無駄かもね」でした。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク