主人が抱えた妊娠へのプレッシャーが大きい不妊治療

夫婦それぞれに精神的な負担がある不妊治療とタイミング療法

確実に排卵をさせること、その排卵に狙いを定めて夫婦生活をすること…

 

タイミング療法というのは、自分たちではわからない、正確な排卵を促してその日に性行為をすることで妊娠の確率をあげるというもので、そのために毎日通院します。

 

 

主人が受けた大きな妊娠へのプレッシャー

プレッシャーを背負いながら妊活に頑張る主人

プレッシャーを背負い
ながら妊活を頑張る主人

私たち2人の夫婦生活において、「妊娠するということに、プレッシャーを強く感じていたのは夫婦のどちらか?」と問われると答えは明らかです。

 

主人は少し精子の運動率が低いと診断されていました。

 

ですから、毎日毎日夫婦で仲良しをして「数打ちゃ当たる」といった妊活方法を取るのは、あまり望ましいとはいえませんでした。

 

そのため大体の日を定めて、その日のために前後数日は禁欲日を設ける…

 

実に生々しいお話ですが、この先ステップアップするにつれどんどんと赤裸々に、このような不妊治療というものに関わっていなければ見聞きすることも経験することもなかったであろう状況に、何度も何度も直面させられていくのです。

 

私は強い意志と些細なことではヘコたれない性格でもあるのですが、主人は先生の一言一言に、その都度ショックを受けていました。

 

やる気を出して頑張ったからといって精子の運動率が上がるわけでも数が増えるわけでもないので、薬を飲み、なんとか良質で高い運動率の精子ができるよう、体調管理にも今までの何倍も気を付けていてくれました。

 

大きなプレッシャーだったと思います。

 

デリケートな場所を毎日診察してもらう不妊治療

ひとえに治療と言っても、本当に色んな病院があり方針があります。

 

不妊治療の場合、非常にデリケートな場所を毎日のように診察してもらう必要がある治療です。

 

慣れるものかどうか…これは人によるでしょうが、私は全く慣れませんでした。

 

毎回緊張するし、毎回、「早く終わらないかな…」などと思いながら診察台に乗りました。

 

ただし、内診中の先生の言葉は一言一句聞き漏らすまいと必死でしたけれど。

 

先生の内診の強度に自分は耐えられるものなのか、待ち時間、受付の方たちの対応、看護師さんたちの注射の仕方は許容の範囲なのか…

 

読むだけで疲れてしまいますが、なんせ毎日のこと。

 

病院で専門家に診てもらわなくては、自分たちでは「妊娠」を目的とした夫婦の営みには限界があって、医療機関の確実な手助けがほしいのです。

 

主人も多大なプレッシャーを背負いながらも、専門の医療機関の指導に素直に従ってくれていました。

 

排卵日を狙い撃ちするタイミング療法

私は会社帰りに毎日予約を取り、2時間3時間は当たり前の待ち時間を覚悟で、排卵の時期を確認してもらっていました。

 

1つは自然に排卵するのを狙う方法。

 

もう1つは、そろそろ排卵しそうだという時点で注射をし、その36時間後に確実に排卵を起こさせるという方法。

 

これは、注射を打つ前に「何日の何時にご主人と営みを行いますか?」と聞かれます。

 

すごい世界ですよね。

 

「では〇〇日の夜何時で」と伝えると、逆算した36時間前に注射を打ちにまた病院に行くのです。

 

夜12時に設定するなら、前日のお昼12時に注射を打ちに来るということですね。

 

その夫婦の営みの時間指定も、主人にはプレッシャーであったと思います。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク