妊活中あるある!妊娠を意識した生活が逆にストレスになることも

頑張っているのに上手くいかない…妊活中に感じるストレスとは

妊活中は、生活改善や排卵周期、タイミングの調整など気にしなければいけないことがたくさんになってしまうことが多いですよね。

 

これらに気を付けなくても妊娠が成立できるような方は、そもそも“妊活”なんて意識する必要ないですもんね。

 

そして、それだけたくさんのことに気を配って、万全を期したと思ってタイミングに臨んだところで、あっけなくリセットをしてしまうことが多々あるのもまた、妊活中の「あるある」といっても良いのではないかと思います。

 

 

心に余裕を持てない日々がさらにストレスを増大させることも…

妊活中に誰もが感じるストレス

妊活中に誰もが感じるストレス

そんな妊活生活を送っていると、時には自分より後に結婚した知人や親族から先にオメデタの報告が来たり、パートナーとの小さなすれ違いで喧嘩をしてイライラしてしまったりと、“赤ちゃんを待っているけど上手くいかないからこそ”のストレスを感じてしまうこともあると思います。

 

これまでも何度もご紹介してきましたが、妊活中の女性にとってストレスは大敵で、ストレスが溜まってくるとホルモンバランスが乱れるために排卵や着床がスムーズにできなくなってしまうなど、妊娠を望んでいるのにそれに反した体になりやすくなってしまうのです。

 

しかし、これは長期間妊活を行っている女性なら誰もが感じるストレスであると思います。

 

かく言う私も、子供を授かれなかった結婚生活6年間のうち、後半の方には自分の焦りと、それを理解してくれずのほほんと過ごしていた主人に対して徐々にストレスを感じるようになっていました。

 

そんな時には主人が好きな動画を見ながら笑っている姿を見ただけでも、イラっとして言い知れぬ怒りとストレスが込み上げてきたことがあったなと、今は懐かしく笑って思い出すことができます。

 

しかし妊活で妊娠してからは、お腹に赤ちゃんが来てくれたということもあって、同じ状況の主人に怒りやストレスを感じることは全くありません。

 

人間って、本当に自分勝手で単純なものですよね。

 

妊娠前の私にとっては、「子供を授かれない。主人が同じ熱量で悩んでくれない。」ということがとても大きなストレスとなっていたのです。

 

ですが、自分に精神的な余裕が無くなってしまうと、誰でもそんな心理状態になるのだと思います。

 

妊活には“未熟な自分を成長させる”という意味合いもあると実感

私はそんな時にはいつも、一旦冷静にその状況を見るようにして“赤ちゃんが来たいと思える雰囲気”にするための反省をするようにしていました。

 

  1. “今の状況は主人と最良の雰囲気や関係性を築けていないな”とか
  2. “人様のおめでたいことを素直に心から喜んであげられないなんて、まだまだ自分が未熟だから赤ちゃんも来るのが不安なんだよね”

など、他人に「こうだからだよ」と言われると反発したり、辛くなってしまうことだったりするのかもしれませんが、自分でそこに気づいて自分で改善していけるような気持ち作りをしながら日々を過ごすことで、なんとか1日1週間を積み重ねながら妊活生活を送っていました。

 

すると、いつの間にか積み上がっていた1か月、半年、1年は、確実に自分の成長やパートナーの成長を感じさせてくれる時間となって、“意味のあった時間だった”と思わせてくれるものとなっていました。

 

自分なりのガス抜き方法を持ちましょう

もちろん、その間も小さなストレスはたくさんありました。

 

専業主婦の私ですらそれくらいストレスにさらされることも多いので、仕事をしながら妊活に取り組まれている方は自己処理できない程のストレスや、時には自分だけではどうにもできない周囲からのストレスに悩まされることもあると思います。

 

ですが、多少のストレスくらいでは大きな不妊の原因にはなりません。

 

小さなストレスが積もり積もって、自分でもどうにもできなくなってしまうところまでくると、ホルモンや妊娠に必要な機能を狂わせるところまできてしまうのです。

 

なので、妊活中だからこそ感じてしまうストレスについては、定期的に自分でガス抜きできる方法を持っておくということが大切だと思います。

 

私は、“妊娠”という自力だけではどうにもできない出来事に対して、それが叶わない間に通らなければいけないストレスという茨が散りばめられたその道を、

  1. どのように自分に折り合いをつけながら歩いていくのか
  2. どんな未来を描きながらその道を通るのか

そんなことを考える事も一つの妊活カテゴリとなるのかなと、ここまでの不妊生活を振り返って感じています。

 

確かに、“欲しい物が、どれだけ努力をしても手に入らない、しかもリミットのあることでそれが迫っている”という状況では、「心に余裕を持て」という方が無理難題なのかもしれません。

 

試練を乗り越えてこそ得られる大きな喜びの妊娠

しかし、“神様はその人が乗り越えられない試練は与えない”、“神はその人に見合った試練を与える”。

 

どこかで誰かから聞いたそんな言葉も頼りにしながら、毎日を一生懸命生きることも大切な妊活の一つなのかなと思います。

 

“妊娠を意識した生活をしているがゆえにストレスを感じている”

 

この自覚があるという方は、ここで一度肩の力を抜いて立ち止まり、「赤ちゃんが欲しい」と思って頑張り始めたあの日から、今日までの自分とパートナーの成長と反省について見つめ直してみることをおすすめします。

 

…少しだけ、肩の力が抜けて、ストレスが軽くなって頂けたら嬉しいな、と思います。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク