睡眠不足が男性に与える不妊への影響や関連性とは

睡眠不足と不妊は女性だけの問題ではない!妊活中は男性も改善を

前のページでは女性の睡眠不足と不妊因子との関連についてご紹介してきましたが、男性の不妊と睡眠不足には関連はないのでしょうか?

 

男性不妊と睡眠不足の関連性についても、現時点までで分かっている研究結果などをご紹介しておきたいと思います。

 

 

男性の睡眠不足と不妊との関係について

男性不妊と睡眠不足の関連性

男性不妊と睡眠不足の関連性

まず、アメリカの研究によると男性の1日あたりの睡眠時間が6時間未満の場合、パートナーの妊娠率が43%も低下してしまうということがわかっているようです。

 

ですが一方で、男性の1日あたりの睡眠時間が9時間以上の場合にも、パートナーの妊娠率が42%も低下するという、睡眠不足の場合と同程度の結果も得られたとのことなのです。

 

ちなみに睡眠時間が7~9時間の男性については、それ以外の睡眠習慣の被験者と比べて生殖機能を損なうリスクが少ないということも分かったと報告されています。

 

これについても、現時点では睡眠不足によって起こる性ホルモンの分泌不足による精子の成熟が確保されないことや、活性酸素の増加による正常精子の細胞損傷が大きな要因であったり、長すぎる睡眠時間では睡眠の質そのものが低下することがおもな原因となると考えられているようです。

 

睡眠不足が続くと男性ホルモンが低下!睡眠の質が精子の質にも影響

またホルモン分泌の異常については、睡眠不足が1週間続いてノンレム睡眠の全体時間が減少してしまうというだけで、性ホルモンであるテストステロン値が10~15%も低下することが報告されています。

 

さらに、睡眠の質が悪い男性は良質な睡眠習慣の男性と比べて精子数が25%減少し、精子の正常形態率も1.6%低下するという結果も出ているということです。

 

これらの結果を見ても、男女ともに睡眠不足によって引き起こされるホルモンバランスの乱れや活性酸素の増加の影響は十分に不妊の一因となると断言でき、妊活中や妊娠しやすい体作りを目指す男女にとっては確実に、絶対に良くない生活習慣の一つと言えます。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク