体外受精の結果にお酒が与える影響とは?飲酒習慣の見直しも妊活

体外受精をするなら習慣的な飲酒は2人で控えることが重要に

前ページでは、男女別にお酒が与える不妊に関連した影響についてご紹介しました。

 

こちらの記事では、体外受精を受けるカップルを対象に行われた研究の結果と、筆者の経験談に基づいてお酒と不妊の関係性について考えていきたいと思います。

 

 

衝撃!よく飲むカップルは体外受精の受精率が約半分も低くなる

体外受精をするなら飲酒は男女共に控えるべき

体外受精をするなら
飲酒は男女共に控えるべき

前の記事では、男女別々に行われた飲酒と妊娠・不妊に関する要因の研究についてご紹介しましたが、次にご紹介したいのは同じ不妊でも「体外受精」を受けたカップルを対象に行われた調査についてです。

 

こちらの研究においては、少し気になる結果が出ています。

 

その研究はアメリカで行われたものになるのですが、それによると

  1. 週に54g(=2.7単位)以上のアルコール摂取習慣がある女性は、それ未満の女性に比べると出産率が16%も低くなり
  2. 女性・男性ともに週に2.7単位以上の飲酒習慣のある場合には、それ未満のカップルに比べて出産に至る確率が21%、受精率も48%も低かった

というデータが出ているというのです。

 

この数字については、調査対象の年齢が詳しく公表されてなかったことが気にはなるのですが、それでもアルコール摂取で受精率が約半分になってしまうというのは非常に興味深い結果だと言えると思います。

 

筆者も妊娠成立前は酒豪だった?!変化した飲酒習慣後の妊娠成立

ちなみに、筆者も妊娠に至るまでの結婚生活約6年の間は、夫婦共にお酒が大好きで最初の数年は毎日、主人は缶ビールを6本、私も缶チューハイを3~4本は平気で飲んでいました。

 

居酒屋に行ったりすれば、2人とも5~6杯は簡単に飲んでしまう程お酒は大好きだったのです。

 

今から考えれば、こんな生活習慣も決して妊活のためには良くなかったのですよね。

 

その後、本格的に妊活を意識し始めて以降は“加齢”という要因も否めないのですが、2人とも飲酒量は減っていましたし、私は焼酎に目覚めてお湯割りを飲むことも増えていたような気がします。

 

このお酒の嗜好の変化は“温活”と“アルコールの摂取量セーブ”の一石二鳥の効果を得ていたと思います。

 

そして、そんな生活が1年程続いた頃、人生で初めての陽性を確認したと記憶しています。

 

もちろん、その後今回の妊娠に至るまでも決して意識的に大きく飲酒量をセーブしていたわけではありませんでしたが、結婚初期の頃の飲酒量よりは確実に減少していましたし、焼酎お湯割りも相変わらず好きでよく飲んでいました。

 

“週に7単位まで”の飲酒習慣で妊娠しやすい体作りを意識しよう

このことからも、特に女性については体外受精に挑戦すると決めた場合には、毎日大量に飲酒をするという習慣はやめておいた方が良いのではないかと思います。

 

それまでお酒が大好きだったという方も、

  1. “どうしても飲みたくて我慢できなくなった時だけ”とか
  2. “リセットしてしまった日だけは気にせず好きなだけ飲む”

というように、メリハリや決まりを自分の中で決めてお酒を楽しむようにすると良いのではないでしょうか。

 

以上のような研究結果や私自身の生活習慣の変化を踏まえてみても、特に女性の過剰なアルコール摂取や30歳を超えての習慣的な飲酒は少なからず妊娠・出産というゴールから遠ざかってしまうことになるという現実は明確なのではないかと思います。

 

ですが、飲酒は適度であればストレスも解消できますし、人間関係を円滑にするコミュニケーションツールとしても大きな役割を担うものだと思います。

 

妊活を意識し始めたら、まずは女性側から飲酒習慣の見直しや、お酒の飲み方を変えてみるというのも良いかもしれませんね。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク