女性が妊活に対してモチベーション低下を起こしてしまう理由

低下しがちな女性の妊活モチベーションを盛り上げる一般的な方法

前の記事でお話させて頂いたように、スタートラインの際の「子供が欲しい」という確固たる思いがモチベーションとなって妊活を始めた男女にとって、それがなかなか実を結ばないという現実は、徐々に当初のモチベーションを低下させる要因となり得ます。

 

もちろん、我々はさまざまな感情を抱きながら生きている人間ですので、思い通りにいかないことやどうしようもない現実を目の当たりにした時にモチベーションが下がってしまったり、戦意を喪失してしまうことは当然のことです。

 

それでも、途中でくじけてしまいそうになったり、低下してしまいそうになる妊活へのモチベーションを、どうにか盛り上げる方法はないのでしょうか。

 

 

女性が妊活に対してモチベーションを低下させないためには

女性の妊活モチベーションを上げる一般的方法

女性の妊活モチベーションを
上げる一般的方法

なかなか結果の出ない妊活や不妊治療中は、本当に出口の見えないトンネルの中に迷い込んでしまったような気持ちになってしまいます。

 

ところで、皆さんは「妊活に取り組もう」と決めて行動している間、どのようなことに気を付けながら生活をしていますか?

 

  1. 規則正しい生活リズムを整えるなどの妊娠しやすい体づくりの意識
  2. 妊活中に良いと言われるサプリメントの摂取
  3. 冷え性などの体質を改善するための温活や体に良い食材の取り入れ
  4. なるべくストレスを感じないような生活にする努力
  5. 排卵日を取り逃がさないよう管理とタイミングのスケジューリング

 

ここに挙げただけでも、色々な方法・対策があり簡単に列記しましたが、これらを実際の生活の中で意識しようとすると、意外と負担に感じてしまうことが多いなと思うのは、決して私だけではないと思います。

 

特に、女性も仕事をしている場合、さらにそれが不規則な勤務形態を伴う職業であった場合には、なおのこと負担やストレスも大きくなってしまうのではないでしょうか。

 

気持ちに余裕がないと前向きな改善策は取り入れられない悪循環

長引く妊活や不妊治療の過程において、当初の高いモチベーションを維持できなくなって落ち込んでしまったとき、ネットなどでそれについて調べてみると

  • “ストレスや負担に感じてしまうと悪循環だから、それを解消・解放できることを探しましょう”とか
  •  

  • “リセットを失敗ではなく次へのチャンスと捉えることで意識を前向きにしましょう”

といった、もっともらしいアドバイスが多く見当たります。

 

ですが、長く妊活をしていればしているほど、「そんなことわざわざ言われなくても分かっているよ。でもできないときもあるよ」と、やさぐれてしまうことってありませんか?

 

私は、時折思うことがありました。

 

“そんなことはわかっている。でも、じゃあそれに気を付ければゴールは間違いなく近くなるの?”

 

もう、そこまで追い詰められていると、かなりの末期症状と言えるかもしれません。

 

女性が妊活モチベーションを維持する方法を、私の経験も踏まえ次ページでご紹介します。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク