基礎体温を付け始めたがグラフがガタガタで排卵日が分からない

基礎体温がガタガタの際はホルモンバランスと無排卵月経をチェック

 

 基礎体温を付け始めたのですがグラフがガタガタでどこが排卵日なのかわかりません。どのように判断したらいいですか?

 

基礎体温がガタガタの際の注意点

基礎体温がガタガタの
際の注意点

 まず、チェックをしてみるポイントがいくつかあると思います。

 

  1. 睡眠時間は毎日最低でも4時間は取れていますか?
  2.  

  3. 1周期分の記録が取れているのであればガタガタの中でも0.3℃以上の差がある低温層と高温層が見られますか?
  4.  

  5. その基礎体温を記録していた時にあった出血は本当にいつも通りの“生理”でしたか?

 

睡眠が十分で室温や寝具、着衣などにも大きな変化がなくて、そのグラフなのであれば、ホルモンバランスに何らかの異常がある可能性があります。

 

また、1周期を通してずっと同じくらいの体温で推移しているのであれば、まだ排卵をしていないという可能性もあります。

 

「でも生理は来たのに?」

 

生理だと思っていたその出血は、無排卵月経かもしれません。

 

“排卵がなくても生理が来る”、こんな記述を一度は見た事がありませんか?

 

これが、無排卵月経のことです。

 

これは、基礎体温を付けていないと気付く事はほとんど出来ません。

 

とにかく、あと2~3カ月はデータを取り続けて見てください。

 

高温層と判断できる値が出始めたら、排卵はされています。

 

3周期分のデータを見ても全く排卵の予測が立てられない場合には、体温表を持って一度病院を受診した方が良いかもしれません。

 

私も長年基礎体温を計測してみて、教科書とは違う“私の基礎体温グラフ”から自分の排卵予定日を見つける自分なりの方法を身に付けたので、それについて記載しているこちらの記事をご参考頂ければと思います。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク