妊娠にはお金が必要という現実を認識し不妊治療助成金制度を確認

自治体の不妊治療への助成金制度をチェックし利用しましょう

妊娠できるか否か、結果がわかって挑めるものならどんなに楽か… でも、そうでないのが妊娠であり不妊であり不育症であり。

 

特に不妊や不育でなかなか妊娠・継続に至らない場合、もっと確率のいいものを、もっと良質の注射をなんて自分の心を追い込んで、資金の面でも無理をしがちになってくるんです。

 

 

妊娠するためにはお金が必要という現実を認識する

妊娠のための資金の限界を把握する

妊娠のための資金の
限界を把握する

資金面のやりくりができないと、子供が欲しいという願望、妊娠のスタートラインに立てないなんて辛すぎます。

 

今や不妊治療は、サイト管理人さんが「民間の不妊治療保険で高額な不妊治療費と自分の未来に備えよう」で紹介されているように生命保険会社が治療費サポート商品を販売する時代になりました。

 

私が治療しているときにもあったらなあ!と切実に思います。本当に喜ばしいお話です。

 

ですが卵子凍結のみには保険は下りないなど、規制もまだまだ厳しいのが現状の様子。

 

しかしこれ、経験してみないとなかなか難しい。正直やってみなくちゃわからない。

 

だからといって経験してからじゃ加入できずに、結果として資金繰りが大変になったりもする。

 

万が一とはいえ、なってみなくちゃわからないのが不妊や不育であって、「まさか私が」の更にまさか、ではないかと思います。

 

女性特有の病気とはまた一線を引いたものになる気がしますよね。

 

そもそも不妊とひと括りに言っても、女性だけが原因とは限らないわけですし。

 

若いうちから不妊だと困るから… なんて、なかなか考えにくいですよね…

 

自治体の不妊治療への助成金制度をチェックしましょう

不妊治療の助成金制度という、ありがたい制度もあります。

 

これも年々改正等されていると思うので、常にお住まいの市町村のホームページなどで確認が必要かと思います。

 

県からは1度だけ、年2回まで、市からも出る出ないなど金額も様々。

 

高度治療になった時、私が住んでいた市からは出ないものが、隣町はかなり負担してくれていました。

 

居住何年以上に限り、などの条件も勿論あります。よく調べてみてくださいね。

 

とにかく、1にも2にも話し合いと、想いとは別の次元で資金の限界を知る事

 

子宝に恵まれることは、奇跡だとばかり言っていられない事に最初からぶち当たる現実。

 

正直ショックもありますが、そこを配偶者と支え合い乗り越えて欲しいと切に願うばかりです。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク