妊娠の強い願望と保険が適応されない高額な高度の不妊治療

保険適用外の高い不妊治療費を負担し妊娠できるのかという不安

保険が効かない不妊治療に進む可能性もあるって、どういうことなのでしょうか。

 

私は不妊治療病院に行くまで、病院で保険証を出し全額実費負担という経験をしたことがありませんでした。

 

 

妊娠まで不妊治療で幾ら費用がかかるのかという不安

妊娠できるならば耐えられるけど

妊娠できるならば耐えられるけど

不妊治療病院で、「高度な不妊治療になると保険が効かないのですが大丈夫ですか?」と、そう聞かれても…

 

私達には、「赤ちゃんが欲しいからこちらの扉を叩きました。保険が効かなくても大丈夫です。」と言うしか手段がありませんでした。

 

不妊治療を始めてからわかってきましたが、いわゆるタイミング療法という最初の治療法のみ、保険診療の範囲内だとか。

 

どんなことでも同じだと思うのです。予想のつかない新しい出来事に足を踏み入れるとき、人は強い想いと同じくらいお金の心配もしているはずです。

 

だいたい、どれくらい費用がかかるの? 最低で、いくらぐらい用意したらいいものなの?

 

費用のことを知りたい。分からないと、こちらも計画が立てられません。

 

貯金も含めて、使える額にも限度があります。

 

間違いなく妊娠できるならば頑張れるけど…

私の場合、最初の検査で30000円準備してきてくださいと不妊治療病院から言われました。

 

通院した専門医は、初診の医療費が自費負担だったのです。

 

この注射もしておいたほうが良いかも。もう少し精度のいい注射に変えますかと言われれば高い!と思っても、わかりました、お願いしますとなります。

 

勿論、押し売りではないけれど。

 

良いと言われたら利用したいし、少しでも早く妊娠できるのなら時間をお金で買うようなものかなとも思うのです。

 

それが、確かに妊娠できるとわかっていることならば… でも、誰もわからないのが妊娠という奇跡。

 

今回高い注射をしたら妊娠確実です!なんてことがあれば覚悟を決めた不妊治療中のみなさんにとっては、すぐにでも飛びつきたくなるかもしれません。

 

私だってそうです。1人目はこの不妊治療病院での体外受精で妊娠、出産しましたが、その後は不妊治療を受けず病院通いもせず、自然妊娠での妊活をしていますが、自然妊娠には至らずに6年が過ぎました。

 

多少高くたってなんだって、そのお薬で妊娠できるのなら目標を掲げて日々頑張れる。

 

貯めたお金で妊娠できたのなら、頑張ってきた甲斐があったと更なる目標に切り替えられるのです。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク