顕微授精(ICSI)はどんな治療法か・体外受精との違いとは

体外受精治療の半分以上を占める顕微授精って一体何?!

広義では体外受精の区分に入りますが、治療の内容については体外受精とは全く異なる治療法の一つに、顕微授精があります。

 

そもそもの“体外受精”という治療法よりも、より確実に受精を成功させることができるというメリットがあり、現在では高度な男性不妊などが早期に判明したカップルについては、体外受精=この顕微授精が行われることも多くなっているようです。

 

 

顕微授精とはどんな治療法か

顕微授精の特徴と体外受精との違い

顕微授精の特徴と体外受精との違い

顕微授精という治療法は、その字の通り「顕微鏡」を使って卵巣から採卵した卵子に精子を直接注入して受精卵を作り、子宮に戻すという方法です。

 

体外受精とは違って、受精卵になるまでの過程をすべて人工的に行うことが特徴となっています。

 

乏精子症や精子の運動率が悪いといった男性不妊が認められる場合や、卵子の受精力が低く自然受精が難しい場合、体外受精でも結果に繋がらなかった場合に選択される治療法です。

 

シャーレの中に精子を振りかけて受精させる体外受精と違って、人工的に卵子の中に精子を注入して受精させるため、体外受精と比べて高い受精率が期待できます。

 

顕微授精の治療の流れと重要なポイントとは

顕微授精の大まかな治療の流れとしては、まずは人工授精や体外受精と同じように次の周期の生理が開始したら受診して良質な卵子を育て、排卵期になれば採卵・精子採取を行います。

 

その後、顕微鏡下で受精を完了させ、子宮内への胚移植となります。

 

顕微授精による受精成功率については全体のおよそ50~70%程度といわれているのですが、そのうちの妊娠成功率はというと、新鮮胚を用いた場合でも全体の約5.6%程度となっています。

 

この数字を見ると、この治療に掛かる高額な費用に対しての成功率としては非常に低く思えてしまいそうです。

 

ですが、無事に妊娠が成立さえすれば、その後出産に至れる確率が約70%となっていますので、この治療の最大のポイントは“女性側の妊娠継続力”とも言えるのではないかと思います。

 

そして、その女性の妊娠継続力に大きな影響を与える因子の一つといえるのが「年齢」です。

 

30代前半までの出産率が約20%であるのに対し、40歳になると8.8%、45歳では0.8%になるというデータも出ています。

 

顕微授精は高度かつ確実性も高い治療法ではありますので、できるだけ早い段階での決断が重要となると思います。

 

治療実績と費用を考慮して自分たちに合った病院を選ぶ

顕微授精の費用はもちろん自己負担となるため、高額な費用が大きな負担になってしまうことは避けられません。

 

実施する病院によって差はありますが、一般的な費用は1回につきおよそ30~50万円程となっています。

 

先程もお話したように、顕微授精における受精率は約50~70%と言われていますが、不妊専門で特に顕微授精に力を入れているような病院では70%以上とも、80%、90%とも実績を謡っている施設も実際にあるようです。

 

そういったところは費用も平均より高額になる場合もあるようですが、費用の安い病院で治療を行ってもなかなか上手くいかずに、何度も治療を繰り返さなければならなくなる…ということも十分にあり得ます。

 

ですので、こればかりは治療を受ける方それぞれが、現状の治療資金や治療の方向性などについて夫婦で話し合いながら決定していく必要があるでしょう。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク