不妊治療における体外受精とはどのような治療法なのか

治療法によって漢字が違う?字から読み解くそれぞれの不妊治療

人工授精に治療を進めてもなかなか妊娠に至ることができないカップルには、次の治療のステップとして体外受精が提案されることになります。

 

“体外”と名前が付くので、大半の方は「受精過程が女性の体内では行われない」という概要はおおよそ推測することができると思いますが、より具体的な治療の内容やその流れなどについてご紹介したいと思います。

 

 

“受精”と“授精”違う漢字が使われる理由はその治療内容にあり!

>自然的な受精と人の手が加わる授精

自然的な受精と
人の手が加わる授精

その前に、ここまで不妊治療について知識を深めてこられた方の中には、ふと疑問に思われた方も少なからずいらっしゃるのではないでしょうか。

 

それは、人工“授精”と体外“受精”という、字の使い分けについてです。

 

まず、手へんの付かない「受精」という言葉。

 

これはそもそもの生物学的な、自然的な卵子と精子の合体を指します。

 

ですので、「受精卵」はこちらの漢字が使われます。

 

次に手へんの付いた「授精」という言葉。

 

“手へん”はそのまま、人の手を加える動作を表す漢字に多く使われている偏です。

 

つまり人工授精にこちらの漢字が使われている意味としては、卵子と精子の合体の過程に人工的に手が加えられていると解釈できるのです。

 

体外受精の方が人工的じゃないの?その謎の秘密とは

“でも、体外受精は人工授精なんかよりもっと受精に際して人の手を加えているものじゃないの?”

 

そう思われた方もいらっしゃるかもしれません。

 

体外受精は、そもそも男女の体内から卵子と精子を取り出し、体の外であるシャーレの中で受精過程を完了させ、数日間培養して受精卵が分割したのを確認してから女性の子宮内に戻すという治療法です。

 

卵子と精子の取り出しには人工的な手がかかっていますが、肝心の「受精そのもの」については、シャーレの中でそれぞれが自力で受精するという概念のため、体外受精には手へんがついていない、といわれています。

 

近年「体外受精」の治療法として主流となっている方法に、顕微授精があります。

 

こちらは重度の男性不妊がある場合に行われる治療法であり、取り出した卵子の中に直接精子を注入するという方法で、体外受精といえば、こちらを想像する方もいらっしゃるかもしれませんが、本来の「体外受精」とは治療の内容が違います。

 

“合体の過程そのもの”に人工的な手を加えるので、顕微の場合には「授精」の文字が使われています。

 

また人工授精には、“精子を人工的に授ける”という意味合いであるという解釈もあります。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク