人工授精と仕事を両立させる中で感じる苦労やストレスとは

仕事は続けたいがストレスは大きい・治療と仕事の両立を考える

人工授精は体外受精などに比べると費用の負担も少なめではありますが、それでも妊娠できるまで何度挑戦しなければいけないかも分からないので、回数が重なってくれば経済的にも十分な負担となってしまいます。

 

そんな事情もあって、できれば仕事を継続しながら治療に臨みたいと考えている方、またはなんとか実際に両立させながら治療に取り組まれているという方も少なくありません。

 

 

人工授精は必ず周囲の人に何らかの影響を与える治療

仕事と人工授精を両立させた人の特徴

仕事と人工授精を
両立させた人の特徴

しかし、前述の「人工授精は負担が大きいか少ないか?具体的な治療の流れとは」の記事でもご紹介しましたが、人工授精の治療を始めると体の調子によっては何度も病院に通わなくてはいけない場合もありますし、排卵誘発剤を始めとした投薬や、人工授精当日の体調不良などによって仕事を休んだり、出・退勤の時間を考慮してもらう必要があるなど、職場や同僚に迷惑をかけてしまうことも少なからず出てきます。

 

そんなとき、“仕事と治療の両立”という課題だけでも大きなストレスになりかねない中、今度は同僚や上司に対する罪悪感などから、さらなるストレスを感じながら治療を行われているという方も多いのが現状となっています。

 

両立に最も必要なのはやはり職場の理解と協力的な環境

それでは実際に、働きながら治療を両立させている方の体験談をご紹介したいと思います。

 

一口に「仕事」といっても、その勤務体系にはフルタイム・時短・パート・アルバイト・自宅でのフリーランスなど実に様々なものがあります。

 

その中で、やはり一番大きなストレスを伴う働き方は、やはりフルタイムで働いているという場合でしょう。

 

例えば、通院で仕事を休んだり、早退遅刻などをさせてもらうことがあると、たとえ快く送り出してもらったとしても、やはり同僚に迷惑をかけているという罪悪感がストレスになってしまうということです。

 

また、治療で体調が悪く仕事を休んでいるときに職場から仕事の連絡があったりすると、どことなく治療も仕事も中途半端になっているなと感じてしまい、それがまたストレスにつながる…ということもあるようです。

 

仕事をしながらの不妊治療だと、受診時間の調整や仕事場からの通院時間など考慮しなければいけないポイントはいくつかありますが、やはり一番重要なのは職場の理解と同僚の協力が、どれほど少ないストレスの中で得られるかと言えるのではないかと思います。

 

また、フルタイムやパートなど雇用形態に関わらず、上司や同僚が治療に理解を示してくれる、快く協力してくれるという環境の中で治療を行われている方は、「特にストレスもなく有難い環境で治療できている」と感じられていると体験談で語ってくれます。

 

自分自身の体調管理も重要

仕事と治療の両立は、職場の環境やそれに際するストレスだけではなく、その状況に置かれている時の自分自身の体調についての冷静な見極めも必要になってくると思います。

 

不妊に一番悪影響を与えるのはやはり不規則な生活と大きなストレスなのですが、仕事と両立しながらの治療では、少しのストレスも感じることなく快適に…ということはやはり難しいというのが現状のようです。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク