金銭面・肉体的で負担やストレスを助長させる人工授精治療の継続

不妊治療費用のストレスをなくす自宅工授精キットをお勧めします

人工授精治療の精神的な辛さは、前ページでお伝えした人間関係などから生まれるストレスばかりではなく、物理的な負担からも大きなストレスが発生してしまいます。

 

 

金銭面や肉体的な負担もストレスを助長させてしまう

ストレスから解放してくれる自宅工授精キット

ストレスから解放して
くれる自宅工授精キット

例えば、高刺激の排卵誘発剤を使っても採卵できる数が極端に少ない、受精しても化学流産を繰り返す、または着床しても初期流産を繰り返してしまうといった“治療の効果が思うように出ない”、“結果に満足できない”という場合です。

 

また、排卵誘発のための注射や黄体補充の注射の頻度が辛いという肉体的なストレスも、心が不安定になってしまう要因になります。

 

そして、そのストレスをパートナーにぶつけてしまい空気が険悪になる…という悪循環に陥ってしまうのです。

 

また、現実的に「お金の投資=出産という目的達成ではない」ということも、大きなストレスになることは間違いないでしょう。

 

それまでの人生では、お金という確実な投資を行えば、望む通り、期待通りの目的達成が確実に手に入れられていたのに、不妊治療に限ってはそのセオリーが通用しないことへのもどかしさは、十分に大きなストレスの一因となるのではないかと思います。

 

ですが、人工授精治療を経験した方でも“それほど辛いと感じたことはなかった”とおっしゃる方も少なからずいらっしゃいます。

 

次の記事では、そういった方々が治療前に行っていた準備や、なぜそれほど苦痛ではなかったと思ったのかについてご紹介していきたいと思います。

 

金銭面でのストレスをなくす自宅での人工授精

金銭面で何の不安もない、お金が幾らでも自由に使える環境の方であれば金銭のストレスは大きくないかもしれません。

 

しかし一般的な収入の家庭であれば、病院での人工授精治療費は「必ず妊娠する」という保証がないため、女性だけではなく、たとえ口に出さないとしても男性にもストレスを与えてしまいます。

 

また、せっかく高い治療費を払って治療を受けているのだからと、妊娠することが強迫観念となり、精神的にダメージを受けてしまうこともあります。

 

もちろん私は看護師として病院での人工授精治療にネガティブな立場ではありませんが、こちらの「人工授精が費用面でも精神面でも気軽に試せるシリンジ法キット」でもお伝えしているキットを妊活に取り入れることをお勧めします。

 

1万円以下の金額でで20回もセルフ人工授精が試せるということは、金銭面でも精神面でも全くストレスを感じなくてすみます

 

ストレスフリーであることが、女性にも男性にも、妊娠するということにおいて、非常にプラスになることは間違いがありません。

 

気楽に自宅で人工授精を試してみる、というスタンスで試用されることをお勧めします。

 

自宅で出来る人工授精のシリンジ法キット

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク