不妊治療ではメジャーで安全な薬剤クロミッドの注意すべき副作用

不妊に対して薬効も多いぶん重要な副作用もあるので注意が必要

病院での治療を始めると、多くの場合に「排卵誘発剤」が使用されることがあります。

 

排卵誘発剤というと、自力では全く排卵ができないような人を対象に使われるもののようなイメージがありますが、実際には自力での排卵がある方に対しても、“妊娠率の上昇”という効果が期待され使用されることがほとんどとなっています。

 

 

多くの不妊に対する薬効を持つクロミッド

不妊治療薬剤クロミッドは長期使用に注意

不妊治療薬剤クロミッドは
長期使用に注意

まず、不妊治療の第一段階として治療を開始したばかりの方には、飲み薬のクロミッドというお薬が使われることが多いです。

 

このお薬は体に対する負担がとても少ない薬剤なので、世界的に見てもかなり一般的に使用されている薬剤の一つと言えます。

 

このクロミッドには、排卵誘発作用だけでなく黄体機能の改善目的や優良な卵子を増やす目的など様々な効果が期待されて使用されます。

 

妊娠に必要な要素を阻害する可能性のある副作用に要注意

このように、多くの薬効が期待でき現在の医療現場でも積極的に使われているクロミッドですが、薬剤である分、もちろん副作用も存在します。

 

主な副作用としては、「子宮内膜が薄くなる」、「頸管粘液が少なくなる」といったものです。

 

薬効がある分副作用も存在するのは仕方ないことなのですが、この記事で取り上げた目的としては、これらの副作用はせっかく妊娠率を上げようと治療している女性達にとって、“それらを無意味にしてしまう”という側面があることなのです。

 

長期の服用で妊娠を遠ざけてしまうことも

まず、子宮内膜が薄くなることで着床が上手くできなくなってしまうため、せっかく受精に成功しても化学流産になってしまう危険性が生じてしまいます。

 

また頸管粘液の減少は、タイミングを取る際性交が円滑に行えなくなってしまったり、酸性に弱い精子を保護するためにアルカリ性の粘液を十分に分泌することができなくなってしまい、精子の活動を弱めて妊娠しにくくしてしまう可能性があります。

 

また本来女性は頸管粘液によって外部からの雑菌の侵入を防いでいるのですが、それが減少してしまうことで感染症にかかりやすくなってしまうといった危険もあります。

 

いずれにしてもクロミッドは、本来の目的である「妊娠を成立させる」という目的を遠ざけてしまう、重要な副作用のある薬剤であり、長期的な使用には注意が必要であるということは知識として知っておくべきだと思います。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク