不妊かどうか調べたい!選ぶのは産婦人科か専門不妊治療科か

それぞれの医療機関にはそれぞれにメリット・デメリットがある

不妊に関する検査や治療を受けられる医療機関を大きく分類すると、がん検診や慢性持病の管理コントロールが主な目的となっているような、器質的な原因を特定するには十分である「婦人科」や、一般的な一通りの不妊検査・治療に対応できる「産婦人科」、そして高度な不妊治療に対応している「不妊専門病院」が挙げられます。

 

この中では、やはり私は最初から不妊専門の医療機関に掛かることをお勧めします。

 

 

婦人科は一歩を踏み出しやすいが不妊の可能性があるなら不向き

各医療機関の不妊に対するメリットとデメリット

各医療機関の不妊に
対するメリットとデメリット

初めて不妊について検査をしてみようと思ったとき、またはこれまでに不正出血などで婦人科に通院歴があるといった場合には、総合病院などの婦人科や、個人の婦人科の門を叩くというのが敷居も低く、不妊治療の第一歩として手を出しやすいのではないかと思います。

 

ですが、すでに自己タイミングで1年は挑戦しているのに結果が出ないという場合や、それまでの通院の中で“不妊の可能性”や“妊娠しにくい可能性”を指摘されたことがあるという方の場合には、婦人科の第一選択はあまりおすすめできません

 

そのような方の場合には、最初からある程度の検査や治療に対応している産婦人科や、専門の不妊治療機関を利用した方が、結果的に考えると時間や費用の無駄を省くという点ではメリットが大きいと断言できます。

 

産婦人科は分娩まで安心して通える

そこで、今度は“不妊治療にどの程度対応した医療機関を選ぶか”ということになります。

 

一般的な不妊検査・不妊治療に対応している産婦人科では、着床成功後いわゆる“クリニックの卒業”と言われる段階の際に、新たに妊婦検診や分娩を予約するための病院を探す必要がないというメリットがあります。

 

ですが、そういった病院では体外受精や顕微授精などのより高度な専門治療には対応していない場合が多いので、最終的に高度な治療を受ける希望があるという方の場合には、また違う病院を受診して、もしかしたら同じような検査を再び受けなればいけないという可能性も無くはありません。

 

産婦人科の治療中にストレスを感じる可能性

また産婦人科医院では、不妊治療患者と一般の妊婦検診の診察階は分けられている場合が多いのですが、入り口は同じであることがほとんどな為、治療に通う際には幸せそうにお腹をなでる妊婦さんを目の当たりにすることも多いです。

 

さらに、頻度は少ないでしょうが中絶手術を受けに来た方の心無い言葉を耳にする機会があって精神的に辛い思いをしたことがあるという方もいらっしゃったので、そういった精神的な影響が少なからずあるというデメリットは理解しておいた方が良いかと思います。

 

私も経験がありますが、自分は妊娠したくて努力しているのに、なかなか授かれないような時間が長くなった時に、妊娠や新しい命に対して、ないがしろにするような発言を耳にしたり、あまりにも周囲の幸せそうな話を聞き続けていると、いつの間にか心が滅入ってしまいます

 

しかしこれは、相手も人間、自分も人間なので、どちらが間違っているというものではないと思います。

 

ですので、先に起こる可能性のある危惧はあらかじめ回避しておく、というのも自分に合った病院選びのポイントの一つと言えるのではないかと思います。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク