排卵と受精との両方のベストタイミングを把握し妊娠へ

卵子と精子が妊娠のベストタイミングで出会う事が重要

前カテゴリー「自分の体を知り排卵日を特定する」内の記事「排卵日を特定し妊活に成功するにはより多くの知識が大切」では、受精を目標としたときに女性側の問題点となる、排卵のタイミングの図り方について私が自分自身の経験やデーターに基づいてあみだした独自の方法をご紹介しました。

 

 

排卵と受精のベストタイミングを把握する

健康な卵子と精子のベストな出会いのタイミング

健康な卵子と精子のベストな
出会いのタイミング

ですが、それらによって実際に排卵のタイミングをより正確に把握できたとしても、受精が可能な“ゴールデンタイミング”を確実に抑えられないと、「排卵のタイミングは合っているはずなのに、なんで妊娠できないの?!」と悩むことになってしまいます。

 

実は、妊娠成立を目指すにあたっては、こちらの方が最も重要な問題となりますので、そちらの情報についても、このカテゴリーでお話させて頂きたいと思います。

 

精子と卵子それぞれにある受精可能時間と寿命を正確に知る

受精、そして妊娠の成立には、健康な卵子と精子がベストタイミングで出会うという大きな関門の突破が重要なミッションとなります。

 

妊娠が成立して継続するために女性ができる努力については、これまでにも当サイトでたくさんご紹介してきましたが、そもそもそれを役立てるためのスタートラインに立つためには、「受精」というミッションを達成しなければなりません。

 

以前までは、卵子は排卵後24時間の間は受精能力があり、精子に至っては2~3日、最長だと1週間も生き続ける猛者がいる…といった情報が一般的だったのではないかと思います。

 

こう聞くと、“なんだ!チャンスは最短でも24時間あるから、タイミングを取るなんて簡単じゃん”という印象を受けてしまいませんか?

 

もちろん、人間は何億人と存在していますので、このような感覚での子作りでも難なく成功される方も一定数はいらっしゃるのは事実でしょう。

 

ですが、なかなか成功しないと悩んでいる私たちは、もっと“しっかりとした受精のリミット”について理解しておく必要があるのです。

 

次ページで引き続き詳しくご説明します。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク