妊活に良いサプリの成分は量を正しく取り入れた時限定のもの

妊活にサプリメントを取り入れる際に注意したいポイント

妊活を始めてみて、サプリメントを含め色々な妊活アイテムの情報を集めていると、「植物エストロゲン」という言葉をよく目にすると思います。

 

植物エストロゲンといえば、私も妊活の勉強を始めてから初めて知ったのですが、妊活ではお馴染みのアイテムである“マカ”や、“イソフラボン”、そして“ザクロ”のすべてに含まれているようです。

 

 

間違ったサプリの補給は体の不調を誘発する恐れがある

間違ったサプリ補給は不調を誘発

間違ったサプリ補給は不調を誘発

マカ、イソフラボン、ザクロのすべてに含まれる植物エストロゲン・・・

 

これを知った時に私は、「○○をサプリで摂り始めて調子が狂った」の根源といえるのではないかなと、ふと感じたのです。

 

勘の良い方は、少しお気付きになられたかもしれません。

 

そうです。

 

“妊活にはマカが良い、大豆が良い、ザクロが良い”

 

確かに、それぞれを適量ずつ取る分には良い効果をもたらすことに間違いはないのです。

 

ですが、ここで注意して頂きたいのは、個々で同じ栄養素を持っている素材を一気に取り入れてしまうことで、いつの間にか体内のホルモンバランスを崩すことになってしまっているということです。

 

正常だったホルモンバランスを狂わせてしまう可能性

植物エストロゲンについては、「エストロゲン様の作用がある」とはいえ、それは体内で産生されているエストロゲンとは強さが比にならないので、多少取りすぎても問題は無いといった記述も見られています。

 

しかし、仮にまだ病院などでの検査を受けていない段階で妊活のためにサプリメントを始めたという方が、自分の体の状態を正確に把握していない状態で、しかも「妊活に良い」という言葉だけを鵜呑みにして、“ホルモンバランスには全く問題がない”体なのに、これら植物エストロゲンを含んでいる食材やサプリメントを同時にたくさん取り入れるようになったらどうなるでしょうか。

 

もともと問題なく正常に取られていたバランスが、少しずつでも狂ってきてしまうことになるということは、想像に難くないことであると思います。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク