イソフラボン / 妊活に欠かせない働きと効能を理解して摂取

女性の味方・イソフラボンについて正しく理解し妊活に活かそう

大豆に多く含まれているイソフラボンは、女性ホルモンの働きがあるということは広く知られていて、近年では妊活中の女性だけではなく、更年期や閉経を迎えられた女性などにも積極的な摂取が推奨されています。

 

イソフラボンは大豆胚芽に多く含まれるフラボノイドの一種で、女性ホルモンのエストロゲンと同じ働きがあることで有名で人気となっています。

 

妊活をする女性、また更年期や閉経を迎える女性にも摂取が推奨されている抗酸化物質です。

 

 

イソフラボンの効能を正しく理解する

妊活に不可欠な働きのイソフラボン

妊活に不可欠な
働きのイソフラボン

一方で、妊活中の女性が習慣的にイソフラボンを摂取することによって、やはり「周期が乱れた」というような体験をされている方も少なからずいらっしゃるようです。

 

このことは、これから妊活にイソフラボンを取り入れようと考えている方にとっては、何が本当なのか分からなくなってしまう情報なのではないかと思います。

 

しかし、不妊治療専門の医師らも妊活中のイソフラボン摂取を推奨している方は大勢います。

 

これは、イソフラボンには確かな効能があることは事実であり、その“取り入れ方”が重要であると言えると思います。

 

そこで、ここでは改めてイソフラボンの効能ついてご紹介していきたいと思います。

 

よく似た分子構造だから付けられた別名!その名も植物性エストロゲン

イソフラボンという栄養素には、ヒトの体内でも分泌されている「エストロゲン(卵胞ホルモン)」にとても似た作用を示すものがあるということが、科学的に証明されています。

 

ですが、一口にイソフラボンと言っても実際には複数の分子構造を持つものがあります。

 

その中の「アグリコン型イソフラボン」というものが、エストロゲンの分子構造と酷似しているため、エストロゲンと同じ作用をもたらすと言われています。

 

このため、このイソフラボンは別名「植物性エストロゲン」とも呼ばれていて、体内においてホルモンが少ない場合にエストロゲンの機能を補充することができると考えられているのです。

 

妊娠に向けた役割をたくさん担うエストロゲンの作用とは

ここで、エストロゲンについて簡単にご紹介したいと思います。

 

エストロゲンは卵胞ホルモンとも言い、不妊検査でも調べる卵胞刺激ホルモン(FSH)の分泌を受けて分泌されるホルモンです。

 

このため、卵胞刺激ホルモンが少ない場合には、必然的にエストロゲンも少なくなってしまいます。

 

エストロゲンには、卵胞の成熟を促したり、子宮内膜を厚くすることで着床しやすい環境を作ったり、頸管粘液の分泌を促進させる作用があります。

 

またエストロゲンには、基礎体温を下げる作用があることも特徴と言えます。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク