葉酸 / 妊活開始から授乳期まで非常に重要な栄養素の役割

赤ちゃんとお母さんに必要な重要役割をたくさん担う葉酸

葉酸は医師はもちろん、厚生労働省も妊娠前から妊娠初期の妊婦に対し摂取を推奨する栄養素で、妊娠を目指す女性の妊活では定番中の定番と言われています。葉酸が妊娠に欠かせない栄養素である理由、私が選んだ葉酸サプリをご紹介します。

 

私自身、妊活を意識し始めてまず最初に起こした行動が、葉酸サプリの購入でした。

 

ビタミンB群に分類される水溶性ビタミンの葉酸は、多くの病院の医師はもちろん、厚生労働省からも特に妊娠前から妊娠初期の妊婦に対して、毎日400μgを摂取するよう推奨されています。

 

もちろん妊娠が判明してから、さらには授乳期間中も継続して摂取し続けることが重要であると言われています。

 

このように、葉酸は妊娠には非常に重要な欠かせない栄養素であることが知られており、これにはいくつかの理由があります。

 

 

先天異常の予防やカラダを作るためにとても大切な葉酸

厚生労働省も推奨する葉酸

厚生労働省も推奨する葉酸

まず一つ目は、妊娠初期に葉酸が不足することで胎児に「妊娠初期神経管閉鎖障害」という先天異常が起こる可能性があるためです。

 

この神経管閉鎖障害が起こると、流産や死産となってしまう恐れもあるため予防目的で推奨されることとなっています。

 

妊娠を意識し始める妊活期間中にもこの葉酸を取ることが勧められている理由は、この神経管閉鎖障害が起こるのが妊娠4~5週頃と妊娠初期に当たることにあります。

 

このため妊娠が判明する前から摂取することが望ましいとされています。

 

続いて二つ目の理由は、葉酸の役割にDNAの生合成や血球合成などがあるためです。

 

これらの役割は、胎嚢から胎芽へ、そして胎児へと赤ちゃんが成長していく中でのDNAの生合成や器官の生成などに必須であることももちろんのこと、母体の貧血予防にも大きな役割を果たします。

 

不妊との関連も?!妊活中のカップルからも大きな注目を集める葉酸

また、近年では葉酸の不足した生活が卵子と精子の質にも影響を及ぼす事が分かっています。

 

葉酸が充分に摂取されているカップルの場合には胎児の奇形率も低く、妊娠率も高くなるということが研究によって明らかにされているようです。

 

そして、この葉酸は水溶性という性質によって調理によって大半が失われるという特徴があるため、サプリメントによる摂取が推奨され、多くの妊活中カップルから注目される栄養素となっているのです。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク