妊活女性の強い味方の良質な抗酸化作用のルイボスティーを選ぶ

妊娠の大敵の活性酸素を減らす抗酸化作用が強いルイボスティー

ルイボスの効能のなかで、私が感じた“最も注目したい作用”が「抗酸化作用」でした。

 

 

現代に生きる妊活女性の強い味方!ルイボスの抗酸化作用は必見

妊活の強い味方の抗酸化作用

妊活の強い味方の
抗酸化作用

私が今回試した「L BALANCIA(エルバランシア)のルイボスティー」は、ルイボスティーのグレードのなかでも最高ランクの「スーパーグレード」のみの茶葉を使用しているため、この抗酸化作用が緑茶の約50倍もあるという点に非常に興味を惹かれました。

 

人はただ毎日生きているだけで、常に体内に活性酸素を生成しています。

 

そしてこの活性酸素は、適切な睡眠などで毎日リセットされる仕組みがあります。

 

ですが残念なことに、最近の日本人では日々の過度なストレスや不規則な生活が原因で、この活性酸素が蓄積されている人が多くなっているようです。

 

この活性酸素が体内に溜まっていくと、慢性疲労を感じるようになったり、病気にかかりやすくなったり、急速な老化を招く原因にもなります。

 

妊活の大敵となる活性酸素

その他にも、冷え性やシミ・シワなどの肌トラブル、ホルモンバランス異常、高血圧、糖尿病といった不調も、すべてこの活性酸素が原因だと言われています。

 

ですから抗酸化作用が強いという、L BALANCIA(エルバランシア)のルイボスティーは、本当に興味深いポイントだと思いました。

 

また、この活性酸素は妊活中の女性にはとても恐ろしいことに、生殖機能不全を引き起こしたり卵子そのものの質を低下させてしまうということも分かっているのです。

 

私自身このルイボスティーを習慣にすることで、元々体が丈夫ではないことと、不規則な生活の自覚もあってか疲れも抜けにくくなっていたので、その改善になればとも思い、自分の妊活に取り入れることにしました。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク